愛媛国体・近畿ブロック国体予選会要項

総説

 国民体育大会は、広く国民の間にスポーツを普及し、国民生活を豊かにする目的で開催されるスポーツの祭典であります。

 今回この趣意を一層推進するため、国体出場資格が緩和されました。非会員の選手も国体への道が開かれ、日クレ会員と同じく府予選会で競い、国体へ出場することが可能となりました。但し、非会員は日クレ主催の公式戦には出場できないので、府予選会は非会員(京クレ会員のみも含む)と日クレ会員に分け、それぞれの予選会要項により成績を積み上げ、最終成績合計400点を以って(日クレ会員、非会員の予選会を合わせトータルする)トラップ種目上位1~6位、スキート種目上位1~5位までの選手を近畿ブロック国体代表選手とし、両種目とも1~3位までを愛媛国体代表選手とする。

 

共通規定

○ISSF(国際ルール)による競技とする。(日クレ公式戦相当)

○万一同点の場合は、日クレ会員予選会、非会員予選会共に7月9日第二次京都公式から遡  

 り、直近の成績で高い点数を上位とする。更に同点の場合は遡り、撃ち上げ方式により決

 する。

○両国体への参加意思については、第二次京都公式(7月9日)終了後に確認を行うが、国体

 へ参加表明した非会員該当選手は日クレ会員に加入することを必須条件とする。

○近畿選手権については、国体予選会成績にならい、トラップ種目上位1~6位まで、ス

 キート種目上位1~5位までを代表選手とする。

○代表選手の最終決定は理事会承認後とする。

○本国体出場を希望する選手は日本体育協会のスポーツリーダー資格を取得する事とする。

 当年取得が日程上不可能な場合は次年度取得を誓約する事により国体本大会に参加可能と 

 する。(7月9日参加意思確認時に確認する)

○下記予選要項について不明な点があれば京都府クレー射撃協会事務局までお問合せくださ

 い。

 

 

 

<日クレ会員>予選会要項

 

 

 

平成29年4月1日より平成29年7月9日(第二次京都公式)までの地方公式並びに本部公式の内、最終成績合計400点を以って(日クレ会員、非会員の予選会を合わせトータルする)、トラップ種目上位1位~6位、スキート種目上位1位~5位までの選手を近畿ブロック国体代表選手とし、両種目上位1位~3位までの選手を愛媛国体代表選手とする。

 

以上の成績の中には、3月20日(祝)の国体予選会成績も含むことが出来る。

 

 

 

規定

 

 

 

⦿採点される400点は、予選期間内において開催される本部公式を含む任意の異なる射撃場4ヶ所で行われる公式戦100点競技に参加し、その射撃場の高得点を予選会記録として算入する。(同一射撃場での公式戦複数回参加も可能であるが、記録得点はその射撃場での最高得点のみとなる。)

 

 320日行われる予選会成績(上野射撃場)もこれに含むことが出来る。

 

 

 

⦿第一次、第二次京都公式については、2回のうち1回の参加を必須とする。

 

また京都府民クレー射撃大会、第一次、第二次京都公式には努めて参加協力することとし、万一、同日に近畿地区を含む他地区で参加した公式戦成績は予選会成績への算入を認めない。

 

 

 

 

 

<非会員(京クレ会員のみも含む)>予選会要項

 

 

 

下記による4回開催の国体予選会において、7月9日の第4回予選会終了後、成績合計

 

400点を以って(日クレ会員、非会員の予選会を合わせトータルする)、トラップ種目  1位~6位、スキート種目1位~5位までの選手を近畿ブロック国体代表選手とし、両種目1位~3位までの選手を愛媛国体代表選手とする。

 

 

 

規定

 

 

 

・第1回

3月20日(祝)

上野射撃場

国体予選会(日クレ会員と合同)

・第2回

4月15日(土)

高槻国際射撃場

第一次京都公式と併催

・第3回

5月下旬予定

大阪総合射撃場

国体予選会(非会員のみ)

・第4回

7月9日(日)

高槻国際射撃場

第二次京都公式と併催

 

 

 

 

 

⦿各予選会ともに100点競技とし、4回の予選会成績合計400点で競う。参加料は

 

 京都公式併催(第2回、第4回)各回11,000円とする。

 

 第1回の予選会参加料は5,500円とし、第3回の予選会参加料は7,000円とする。

 

⦿4回の予選会のうち、最初の予選会で不参加となった時点で出場資格は喪失する。従って、以後の予選会への参加は認めない。

 

⦿各回の予選会実施要項については、当該選手に直接通知する他、HPにて掲示する。

 

⦿国体総則による参加資格については、(公財)日本体育協会ホームページの「第72回国民体育大会参加資格、所属都道府県、及び年齢基準等の解釈の説明」を確認して下さい。